財務会計ソフト・会計システム「大蔵大臣®」の応研株式会社。大規模ネットワークでの基幹業務対応ソリューションを提案いたします。

会計ソフトの応研株式会社
経営戦略をサポートする!!大蔵大臣
応研株式会社

大臣シリーズ よくある質問と回答(FAQ)

製品 福祉大臣
FAQ番号 53403
分類 財産目録
キーワード 財産目録 貸借対照表 貸借対照表価額

※ご利用中の大臣シリーズとは異なる製品の操作画面でご説明している場合がありますが、操作方法は同様です。

[財産目録]の「貸借対照表価額」の金額が、[貸借対照表]の金額と異なります。どうすればよいですか?

[財産目録]の「貸借対照表価額」の金額が、[貸借対照表]の金額と異なります。どうすればよいですか?

平成28年4月1日「厚生労働省令第79号の変更」に伴い、[財産目録]の様式が変更されています。
平成28年度 社会福祉法人会計基準 改正対応版(Ver.2.106〜/Ver.3.05〜)で、平成28年4月社会福祉法改正対応のデータでは、伝票の集計だけではなく、金額修正や[資産登録]から資産情報の取得が可能になりました。
F12[指定終了]で集計後、F8[金額転送]を行う必要があります。

【補足】

集計金額は指定期間の伝票、期首残高を集計した金額です。画面のみの表示です。次の場合に、金額を赤文字で表示します。

流動資産・負債科目
・貸借対照表価額と不一致の場合。
・複数行入力されている場合は、その総額と不一致の場合。
固定資産科目
「取得価額」未入力 ・貸借対照表と不一致の場合。
・複数行入力されている場合は、その総額と不一致の場合。
「取得価額」入力有 ・「取得価額」「貸借対照表価額」のどちらとも一致しない場合。
(直接法の場合は「貸借対照表価額」、間接法は「取得価額」と一致します。)
このFAQは役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった 
ページの先頭へ