財務会計ソフト・会計システム「大蔵大臣®」の応研株式会社。大規模ネットワークでの基幹業務対応ソリューションを提案いたします。

会計ソフトの応研株式会社
経営戦略をサポートする!!大蔵大臣
応研株式会社

大臣シリーズ よくある質問と回答(FAQ)

製品 福祉大臣
FAQ番号 50325
分類 資金収支計算書
キーワード 資金収支計算書 固定資産 伝票 仕訳 修正

※ご利用中の大臣シリーズとは異なる製品の操作画面でご説明している場合がありますが、操作方法は同様です。

固定資産の仕訳が誤りだったことが判明し、その修正仕訳を入力しました。その内容が資金収支計算書に反映されていないのですが、どのように処理すればよいですか?

今回のように資金科目を使用しない仕訳は、「9997:資金諸口」を間に挟むことで、資金収支計算書(収支計算書)に計上されます。
さらに、固定資産や、固定負債のように借方と貸方の対応科目が異なる場合は、借方に車両運搬具を計上し、金額をマイナスで入力します。

対応科目の確認方法

[初期設定]-[勘定科目登録/補助科目登録]で使用している科目のコードにカーソルをあわせて、表の下に表示される「借方対応科目」、「貸方対応科目」を確認するか、F6[対応科目]をクリックし、対応科目の設定を確認してください。

【補足】

・「福祉大臣」の老人保健施設向け勘定科目(平成12年度会計基準)は、資金収支計算書がありません。
・「福祉大臣」の旧会計基準データ(平成12年度以前の旧会計基準を適用するデータ)、
 「公益大臣」の旧会計向け勘定科目は、対応科目の設定がありません。

このFAQは役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった 
ページの先頭へ