財務会計ソフト・会計システム「大蔵大臣®」の応研株式会社。大規模ネットワークでの基幹業務対応ソリューションを提案いたします。

会計ソフトの応研株式会社
経営戦略をサポートする!!大蔵大臣
応研株式会社

大臣シリーズ よくある質問と回答(FAQ)

製品 建設大臣
FAQ番号 42802
分類 年次繰越
キーワード 繰越

※ご利用中の大臣シリーズとは異なる製品の操作画面でご説明している場合がありますが、操作方法は同様です。

年次繰越を行い、来期のデータ開くと、前期完成現場が全て繰越されていました。また、現場の「未成/完成」の情報が前期と違っています。どうしたらよいですか?

[年次繰越]を行う際に、「来期に繰り越す完成現場(プロジェクト)の条件」を確認してください。


※「建設大臣NX Super(大蔵大臣 個別原価版NX Super)」の場合

来期に繰越される予約伝票に現場(プロジェクト)が登録されている場合、条件にかかわらず、その現場(プロジェクト)は翌期に繰り越します。
2回目以降の繰越で、「来期に繰り越す完成現場(プロジェクト)の条件」を変更しても、既に繰越された完成現場(プロジェクト)は削除されません。
現場(プロジェクト)の「未成(仕掛)/完成」の情報も更新されません。
来期データの削除をしても問題がない場合は、データ選択から来期のデータを削除し、「来期に繰り越す完成現場(プロジェクト)の条件」を確認し、年次繰越を実行してください。

既に来期の伝票入力などを行っている場合は、来期のデータを開き[マスター登録]-[現場(プロジェクト)登録]で、不要な現場(プロジェクト)の削除、「未成(仕掛)/完成」の修正を行ってください。

現場(プロジェクト)の削除方法

削除したい現場(プロジェクト)を呼び出し、F7[抹消]をクリックします。

現場(プロジェクト)の未成(仕掛)/完成状況の修正方法

このFAQは役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった 
ページの先頭へ