建設業向け会計ソフト「建設大臣™」。原価管理から経営事項審査まで建設業をトータルサポートする会計システムです。

大蔵大臣
応研株式会社

建設業向け会計システム 建設大臣NX

使用機器

LANPACKサーバー

OS Windows Server 2022 *1
Windows Server 2019 *1
Windows Server 2016 *1
Windows Server 2012/R2 *1
CPU Pentium 4以上(Xeon推奨) *4
メモリ 2GB以上(4GB以上推奨)
ディスプレイ 1024×768以上
ハードディスク プログラム:約300MB以上
データ:一社あたり40MB以上必要 *5
(データベースサーバーを除く) *6
プリンター 上記OSで使用可能なプリンター *7
データベース SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
インターネット接続 オンラインアップデート利用時に必要

ピア・ツー・ピア ホスト

OS Windows 11 *1*2
Windows 10 *1*2
Windows 8.1 *1*2
CPU Pentium 4以上(Core 2 Duo以上推奨) *4
メモリ 2GB以上
ディスプレイ 1024×768以上
ハードディスク プログラム:約300MB以上
データ:一社あたり40MB以上必要 *5
(データベースサーバーを除く) *6
プリンター 上記OSで使用可能なプリンター *7
データベース SQL Server Express Edition 標準搭載 *9
インターネット接続 オンラインアップデート利用時に必要

スタンドアロンおよび各クライアント(大臣NXクラウド/LANPACK/ピア・ツー・ピア)

OS Windows 11 *1*3
Windows 10 *1*3
Windows 8.1 *1*3
CPU Pentium 4以上(Core 2 Duo以上推奨) *4
メモリ 2GB以上
ディスプレイ 1024×768以上
ハードディスク スタンドアロン
プログラム:約300MB以上
データ:一社あたり40MB以上必要 *5
(データベースサーバーを除く) *6

LANPACK クライアント/ピア・ツー・ピア クライアント
100MB以上必要 *5
プリンター 上記OSで使用可能なプリンター *7
〈大臣NXクラウド〉
リモートデスクトップ接続(EasyPrint)で利用できるプリンター *8
データベース スタンドアロン
SQL Server Express Edition 標準搭載 *9
インターネット接続 スタンドアロン/LANPACK/ピア・ツー・ピア
オンラインアップデート利用時に必要
大臣NXクラウド
光回線(100Mbps以上)

※64ビットOS対応
※スタンバイモード/休止モードには非対応です。
※日本語に対応したOSをお使いください。

*1 .NET Framework 3.5.1を有効化するためにWindows Updateが必要となる場合があります。
*2 Pro以上のエディションが必要です。
*3 LANPACKおよびピア・ツー・ピアをドメイン環境で利用する場合、Pro以上のエディションが必要です。
*4 ARMアーキテクチャには非対応です。
*5 この他に、一時的な作業領域として50MB以上(データ量に依存)の空き容量が必要です。
*6 データベースサーバー領域として約1.5GB、一時的な作業領域としてシステムドライブに約1GBが必要です。
*7 プリンターの機種およびプリンタードライバーのバージョンによっては印字できない帳票があります。取扱代理店にお問い合わせください。
*8 対応プリンターについては取扱代理店もしくは各メーカーへお問い合わせください。
*9 SQL Serverのバージョンは[OS/サービスパック対応状況]をご確認ください。

ページの先頭へ

Windows 11対応について

大臣シリーズのWindows 11 対応情報です。

Windows 11対応についてのご案内

技術情報

大臣シリーズが対応するOS、データベース、仮想環境などの最新の技術情報については下記リンク先をご覧ください。

大臣NXシリーズ Technology Information

商標/その他

  • ※Microsoft、Windows、Windows Server、SQL Serverは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ※Intel、Pentium、Xeon、CoreはIntel Corporationの登録商標または商標です。
  • ※その他、会社名および商品名は各社の登録商標または商標です。
  • ※本仕様は2022年2月現在のものです。バージョンアップのため本仕様を予告なく変更することがあります。
ページの先頭へ

詳しくは