建設業向け会計ソフト「建設大臣™」。原価管理から経営事項審査まで建設業をトータルサポートする会計システムです。

会計ソフトの応研株式会社
経営戦略をサポートする!!大蔵大臣
応研株式会社

建設業向け会計システム 建設大臣NX

建設業向け会計システム『建設大臣NX』に機能追加バージョンが新登場!!
多数の新機能追加とブラッシュアップ、平成23年度経営事項審査など法改正にも対応。使いやすさと信頼性をさらに強化しています。

「建設大臣NX」機能追加バージョン概要

業務効率化と日常の使い勝手を追求した新機能

要約科目設定画面

複数の勘定科目を選択し、一項目にまとめられるようになりました。小計科目でのまとめや内訳の表示も可能です。要約試算表だけでなく、決算報告書の要約科目設定も行えます。

要約科目設定画面

要約科目設定画面(クリックで拡大)

要約試算表出力

勘定科目単位ではなく、ユーザー設定で要約された科目項目での試算表を出力できます。要約試算表から元帳/試算表/月次試算表へのジャンプ機能を使用して、元の金額も簡単に確認できます。

要約試算表画面

要約試算表画面(クリックで拡大)

要約設定を反映した決算報告書出力

要約科目設定を反映した決算報告書を出力できます。 科目を要約することで要点を押さえた分かりやすい決算報告書となります。

月次要約試算表出力

要約試算表を月次ごとの金額で確認することができます。

グループ銀行対応

グループ銀行・支店として登録することで、手数料の「同行扱い」
「同行同一店扱い」で計算可能になります。

『申告大臣NX 法人税・地方税版』連動機能

『申告大臣NX 法人税・地方税版』へのデータ転送が可能となりました。
「財務諸表」「資産」「内訳表」などすでに大蔵大臣で登録を行っている データを再入力する必要がなく、スムーズな申告業務を実現します。

申告大臣NX 連携機能

申告大臣NX 連携機能(クリックで拡大)

実務をしっかりサポートする多彩な機能強化

予約伝票の機能  

@予約伝票の回数指定機能追加
借入金返済のような、金額が固定で支払期限が決まっているものに対して、 指定した回数分だけ伝票を起票し、予約伝票を削除できます。

A予約伝票の起票日一時変更・延期対応
一回だけ起票日を変更したり、売上との相殺で今月の起票がなく
なった場合など、予約日の変更や起票中止処理を簡単に行えます。

B予約伝票の部門登録対応
部門が伝票単位入力の場合、予約伝票での部門設定が可能です。

予約起票画面/伝票予約画面

予約起票画面/伝票予約画面(クリックで拡大)

支払の延期、中止があった場合でも、支払予定日、残り回数の再設定は不要です。

資金繰帳票/キャッシュフロー帳票機能強化  

@シミュレート金額保存機能
資金繰予定表、キャッシュフロー予定表で一時的に入力していた
予定金額が保存できます。資金繰予定表で行ったシミュレートは
キャッシュフロー予定表にも反映され、入力の手間を省きます。

A予約伝票回数指定対応
予約伝票が回数指定している場合、その回数分のみ集計することが
可能です。

B資金繰調整表追加
勘定科目ごとの残高、支払先への支払状況を確認できます。
資金繰予定表からの予定金額入力も可能です。登録した金額は、
資産繰予定表にも反映されます。

資金繰調整画面

資金繰調整画面(クリックで拡大)

集計期間は月ごとで、形式で集計単位を変更可能。
(1日/5日/10日/15日/1ヶ月)残高金額を集計し、金額がマイナスの場合赤字で警告表示します。

予算(会社予算)機能追加

予算種別ごとに名称を設定し、最大5つまでの予算管理を行えます。
登録時には他の予算種別を参照できるほか、予算実績表ではそれぞれ個別
の集計が可能です。

予算登録画面

予算登録画面(クリックで拡大)

消費税申告書強化

消費税申告書に計上される金額の内訳、計算式を確認できます。
内訳を確認することで金額の正確性、過程を確認できます。

 

消費税申告書画面

消費税申告書画面(クリックで拡大)

コンバート機能強化

データ選択画面で複数選択し、一括でコンバートすることが可能です。また、バックアップデータからのコンバートが可能です。

ページの先頭へ

詳しくは