社員インタビューINTERVIEW

あらゆる企業を支える「大臣シリーズ」ブランドを
パートナーとともに全国に浸透させる

応研の営業はパートナー営業スタイル。
パートナー様と信頼関係を築き、お客様へ製品をご提案します。

左から

鈴木 小織2016年入社

法政大学 経営学部 市場経営学科
海外旅行が趣味です!

松尾 駿輝2017年入社

東海大学 情報通信学部 経営システム工学科
行った事のない場所やお店を発見するのが好きです。

齋藤 美奈2016年入社

東北福祉大学 総合福祉学部 社会教育学科
世界中のディズニーランドを制覇したいです。

応研の営業の仕事って?

鈴木

応研の営業は、直接製品を売るのではなく、パートナー営業(BtoB)というスタイルです。代理店様に応研の製品「大臣シリーズ」を販売していただくための支援を行うのが主な業務になります。

齋藤

代理店様へ製品・サービスの機能やノウハウを紹介し、お客様先でのデモンストレーションに同行します。代理店様と連携しながらお客様にアプローチし、製品の拡販を行っています。

松尾

インストラクターとして、製品を導入いただいたお客様へ操作指導をしています。システム導入は、お客様にとって分からない事や不安が多いものです。安心して操作していただけるよう、お客様に寄り添い運用全体をサポートしていく仕事です。

営業として入社したきっかけは?

松尾

お客様と直接お話してリアルなお困りごとを引き出し、一緒に問題解決をしていきたいと思ったのがきっかけです。応研では、若手のうちから多くのお客様と出会う機会が多く、自分から積極的にチャレンジしていけます。

鈴木

営業職はいつも数字に追われる厳しいイメージでパートナー営業の事も知らなかったのですが、説明会で丁寧に教えていただき、やってみたいと感じました。入社後の研修が手厚く、いざ1人で担当する時も安心でした。

齋藤

些細なことでも気軽に相談できる社風に魅力を感じ、入社しました。入社後一年間の同行営業で先輩との関係を深めることができ、プライベートで交流できる機会も多いです。

身についたスキルとやりがい

齋藤

製品が売れた時はやはり嬉しいです。基幹業務システムはどんな法人でも必要となるため、様々な業種のお客様と接する点も魅力です。

松尾

お客様の現在の運用方法と、これからどのような運用をしていきたいのかをしっかりヒアリングすることが重要だと感じます。操作指導を重ねていくうちに、お客様の求めていものを的確に理解する力と、問題解決のための思考力が身につきました。

鈴木

仕事でもプライベートでも、人の話を聞くのが好きなんです。お客様は「業務を効率化したい」「でもどうしたら良いか分からない」といった何かしらの悩みを抱えているので、それを引き出したい。製品の拡販につなげるための重要な過程に、「聞く力」は役に立っています。

どのような将来像を描いている?

齋藤

代理店様やお客様との1回1回のやり取りの質を高めて、正確にスムーズに対応していきたいです。信頼関係を築くために、さらに経験を積んでいくことが目標です。

松尾

知識を深めるために幅広い業界や運用方法に触れたり、新しいことにどんどん取り組み、多くのお客様に製品のご紹介・操作指導を行っていきたいです。

鈴木

私も、とにかく知識を身につけたいです。基幹業務は業種業態によって仕組みの違いや法改正の影響が多く、お客様側から教えていただく事が多いのが現状です。全体を100%とすれば、今は20%ぐらい。5年後には70、80%を超えられるよう、たくさん学んでいきます。

  • INTERVIEW 営業 vol.01
  • INTERVIEW 開発 vol.01
  • INTERVIEW 開発 vol.02

エントリーENTRY

  • 2019年新卒採用の募集は終了いたしました。
    たくさんのご応募、ありがとうございました。

応研公式サイトはこちらOFFICIAL SITE