財務会計ソフト・会計システム「大蔵大臣®」の応研株式会社。大規模ネットワークでの基幹業務対応ソリューションを提案いたします。

会計ソフトの応研株式会社
経営戦略をサポートする!!大蔵大臣
応研株式会社

大臣シリーズ よくある質問と回答(FAQ)

製品 給与大臣
FAQ番号 21901
分類 (4.年末調整合計表)
キーワード 税務署 源泉徴収票

※ご利用中の大臣シリーズとは異なる製品の操作画面でご説明している場合がありますが、操作方法は同様です。

源泉徴収票の税務署提出対象者に○がついていない。

[源泉徴収票発行]の画面で、登録作業は済んでいますか?
[源泉徴収票発行]画面で未登録の社員の場合、「未登録」と表示されます。
[源泉徴収票発行]新規登録時に税務署に提出する社員であるかどうかを判定します。
次の条件にあてはまる社員が、「源泉徴収票を提出する者:○」となります。

■年末調整をした場合

・源泉徴収票の支払金額が500万円を超えた非役員
・源泉徴収票の支払金額が150万円を超えた役員

■年末調整をしなかった場合

・源泉徴収票の支払金額が2000万円を超えた非役員
退職者で源泉徴収票の支払金額が250万円を超えた非役員
退職者で源泉徴収票の支払金額が50万円を超えた役員
乙欄適用で源泉徴収票の支払金額が50万円を超えた非役員
災害者で源泉徴収票の支払金額が250万円を超えた非役員
災害者で源泉徴収票の支払金額が50万円を超えた役員

※役員か非役員かの設定
 [役職登録]の区分欄で、「1:役員」か「0:非役員」かの設定を行ってください。
 [社員登録]で指定した役職によって、該当の社員が役員か非役員かを判定します。

【参考】

税務署提出対象者の判定が違っている場合

→Q.源泉徴収票の税務署提出対象者の判定をやり直したい。

このFAQは役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった 
ページの先頭へ