財務会計ソフト・会計システム「大蔵大臣®」の応研株式会社。大規模ネットワークでの基幹業務対応ソリューションを提案いたします。

会計ソフトの応研株式会社
経営戦略をサポートする!!大蔵大臣
応研株式会社

大臣シリーズ よくある質問と回答(FAQ)

製品 給与大臣
FAQ番号 21210
分類 算定基礎届・月額変更届作成
キーワード 算定 月変 産休 育休

※ご利用中の大臣シリーズとは異なる製品の操作画面でご説明している場合がありますが、操作方法は同様です。

産休などで対象月に給与支払がない場合は?

次のような場合は、保険者が決定することとなっており、従前の標準報酬月額そのままで決定します。

【1】4・5・6月の各月とも給与計算の基礎日数が17日未満のとき
 (パート社員の場合は15日未満・短時間労働者は11日未満のとき)
【2】病気欠勤・育児休業又は介護休業中で、4・5・6月の各月とも給与支払がないとき

 休職中の場合は、[社員登録][個人情報2]タブで休職情報を入力してください。
 [算定基礎届作成]の備考欄の「病休・育休・休職等」と「その他」にチェックがつき、休職期間と理由が表示されます。

このFAQは役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった 
ページの先頭へ